きっとよくなる!うつ病の治し方

うつ病を発症してしまうと、自然治癒することはまずありません。医師の診察を受け、指示に従って家族の協力も含めた治し方を実践することが重要になります。うつ病は休養と投薬治療によって徐々に治していく治し方が一般的です。時間を掛けて快方に向かっていく病気なので、焦らず、ゆっくりと治療を続けることが肝要です。
まず、うつ病だと診断されたら十分な休養を取るようにしましょう。仕事を持っている場合は職場に医師の診断書を添えて休職願を出し、長期的に仕事を休んで休養する段取りを付けます。もし職場の理解がないのであれば、退職することも視野に入れる必要があります。発症した原因にもよりますが毎日の仕事を続けながら完治させることは非常に難しく、さらなる悪化を招くことがほとんどです。炊事や子どもの世話など家庭の仕事がある場合も、両親に手伝ってもらうなどして極力作業をしなくてよい環境を作ることが回復への近道です。自分自身を休養させることがうつ病の正しい治し方なのです。
また、うつ病の治療は十分な休養を取るだけでは進行しないだけであって快方に向かわないことも少なくありません。その場合は医師から薬を処方してもらい、投薬治療も並行して行います。うつ病の治療に用いられる薬は抗うつ薬と呼ばれ、精神面に作用して心の平穏を取り戻すことを助けてくれるのです。抗うつ薬として主に用いられるのはSSRIやSNRI、四環系抗うつ薬といったものです。どれも情報伝達物質のバランスを整える作用があり、回復のための大きな力になります。ただし、人によっては吐き気や便秘、下痢、喉の渇きといった副作用が出ることもあるので、そういった症状が現れた場合はすぐに医師に相談しましょう。
うつ病の治し方は休養と投薬が中心ですが、大切なことは家族の理解です。うつ病になった本人は仕事を続けたいという希望があるはずですが、家族をはじめとする周囲の人間がその意見を押しとどめ、休養を優先させることを本人に理解させてあげなければなりません。うつ病は仕事が原因で発症することが多いので、仕事を続けていては回復しないのです。また、仕事をしていないからといって家庭内の炊事や洗濯、子どもの世話といった役割を強要させることも避けるべきです。そういった役割を担ってしまうと体力面はもちろん精神面で十分な休養が取れず、回復が進みません。周囲から見ると、本人は一見何もしていないように見えますが、それこそがうつ病の治し方なのです。

きっとよくなる!うつ病の治し方

うつ病を発症してしまうと、自然治癒することはまずありません。医師の診察を受け、指示に従って家族の協力も含めた治し方を実践することが重要になります。うつ病は休養と投薬治療によって徐々に治していく治し方が一般的です。時間を掛けて快方に向かっていく病気なので、焦らず、ゆっくりと治療を続けることが肝要です。
まず、うつ病だと診断されたら十分な休養を取るようにしましょう。仕事を持っている場合は職場に医師の診断書を添えて休職願を出し、長期的に仕事を休んで休養する段取りを付けます。もし職場の理解がないのであれば、退職することも視野に入れる必要があります。発症した原因にもよりますが毎日の仕事を続けながら完治させることは非常に難しく、さらなる悪化を招くことがほとんどです。炊事や子どもの世話など家庭の仕事がある場合も、両親に手伝ってもらうなどして極力作業をしなくてよい環境を作ることが回復への近道です。自分自身を休養させることがうつ病の正しい治し方なのです。
また、うつ病の治療は十分な休養を取るだけでは進行しないだけであって快方に向かわないことも少なくありません。その場合は医師から薬を処方してもらい、投薬治療も並行して行います。うつ病の治療に用いられる薬は抗うつ薬と呼ばれ、精神面に作用して心の平穏を取り戻すことを助けてくれるのです。抗うつ薬として主に用いられるのはSSRIやSNRI、四環系抗うつ薬といったものです。どれも情報伝達物質のバランスを整える作用があり、回復のための大きな力になります。ただし、人によっては吐き気や便秘、下痢、喉の渇きといった副作用が出ることもあるので、そういった症状が現れた場合はすぐに医師に相談しましょう。
うつ病の治し方は休養と投薬が中心ですが、大切なことは家族の理解です。うつ病になった本人は仕事を続けたいという希望があるはずですが、家族をはじめとする周囲の人間がその意見を押しとどめ、休養を優先させることを本人に理解させてあげなければなりません。うつ病は仕事が原因で発症することが多いので、仕事を続けていては回復しないのです。また、仕事をしていないからといって家庭内の炊事や洗濯、子どもの世話といった役割を強要させることも避けるべきです。そういった役割を担ってしまうと体力面はもちろん精神面で十分な休養が取れず、回復が進みません。周囲から見ると、本人は一見何もしていないように見えますが、それこそがうつ病の治し方なのです。

うつ病のイライラがとまらない

うつ病と聞くと、元気がなくなって何もやる気がおきなくなる、といった症状を思い浮かべる人が多いようですが、イライラもうつ病の症状の1つとしてあげられます。

イライラが止まらない場合、何か良い解決法や改善法はないのでしょうか?

イライラの改善法の1つとして、呼吸法があります。

うつ病の人は、肩で息をしている人が多い傾向があります。

肩で息をすると胸式呼吸になってしまうのですが、この胸式呼吸は、交感神経の働きを優位にして心身を緊張させてしまう呼吸法です。

また、逆にストレスがあるから胸式呼吸になってしまっているとも言えますが。ストレスで胸式呼吸になり、胸式呼吸で心身が緊張してストレスになり、と悪循環に陥ってしまうのが、胸式呼吸です。

この、悪循環を断ち切るには、胸式呼吸ではなく腹式呼吸を心がけることが大切です。

腹式呼吸法は、副交感神経を優位にして心と体をリラックスさせてくれます。
脳に酸素が十分に届くと、ストレスを緩和する働きがあるセロトニンと言う物質が分泌されます。

セロトニンは別名、幸せホルモンと呼ばれています。
うつ病の人は腹式呼吸を心がけて、セロトニンを増やすことが大切です。

セロトニンを増やすことで、マイナスの感情が軽減します。

また、息切れが起きにくくなったり、よく眠れるようになるという報告もあります。その他にも、疲れにくくなる、便秘が改善する、胃腸の調子が良くなる、頭痛が軽減する、体内時計が改善するなども報告されています。

うつ病だけではなく、体調も良くなるでしょう。
体調が良くないと、それが原因となってイライラを助長させてしまうので、うつ病の改善には体調を整えることも大切なことです。

腹式呼吸のやり方ですが、まずは息をしっかりと吐きます。
呼吸と聞くと吸うことを意識しがちですが、まずは吐くことを意識してください。
嫌な気持ちも、息とともに吐き出していることをイメージするとベターです。

静かに少しずつ、口をすぼめて息をイライラした気持ちを吐き出しましょう。充分に吐き切ってから、今度は吸います。
吸う時は、お腹に手を当ててお腹を膨らませてください。

横隔膜を動かす気持ちで、呼吸しましょう。

腹式呼吸をすると、7~10cmくらい横隔膜が上下に動きます。
横隔膜が動くことで、お腹の動きも活発になって、便秘も良くなるでしょう。

吸う・吐くを5~10回くらい繰り返します。

寝る前にこの呼吸法を行うと、ぐっすりと眠れるでしょう。

イライラしている時は、胸式呼吸になりがちですが、こんな時こそ意識して腹式呼吸を心がけて下さい。

うつ病を食事で改善!うつ病と食事の関係性

近年、うつ病になる人がかなり増えています。働き盛りの30代~50代に発症することが多く、いつ誰がうつ病になってもおかしくない世の中と言えるでしょう。治療法は投薬やカウンセリングが一般的ですが、食事によっても症状を改善することができます。うつ病は、環境的な要因や性格によるものも大きいので、一概には断言できませんが、食事と大きな関わりがあります。うつ病に悩む人の95%が食事になんらかの問題があり、それを改善することでうつの症状が改善されるとも言われています。甘いものばかり食べていたり、無理なダイエットによって栄養が不足するとうつの症状を引き起こしやすくなります。
うつ病は脳の中のセロトニンという神経伝達物質が不足することで引き起こされると言われています。そのため、食事療法によるうつの治療は、セロトニンの材料となる栄養素を摂ることで症状の改善を目指す方法となります。セロトニンの材料となるのはトリプトファンと呼ばれる物質で、納豆や豆腐などの大豆製品やバナナ、ナッツ類、卵、乳製品に多く含まれています。これだけを食べれば症状が改善するというものではなく、その他の栄養素とバランスよく摂取することが大切です。鉄分や亜鉛、ビタミンB群、たんぱく質が欠乏することもうつの症状と大きく関わるため、ビタミン、ミネラル、アミノ酸をバランスよく摂ることを意識した食生活を心がける必要があります。また、低血糖症もうつ病と深くかかわる栄養の問題です。低血糖症は血糖値が低くなって起こる病気だと思われがちですが、血糖値が低くなることだけが問題なのではなく、血糖値が上がったり下がったりを繰り返したり、インスリンの分泌が正常でなくなるなど、いろいろなパターンがあります。低血糖症になると、一日を通して安定した血糖値を維持することができなくなり、そのことが体や心に大きな影響を及ぼします。不眠や集中力の低下、疲労感、倦怠感、不安感などのうつの症状は、実は低血糖症が原因で起こる場合が多いと言われています。低血糖症の改善のために必要なのは、甘いものや清涼飲料水、炭水化物などの糖質を控えることです。食事の際に野菜から食べると、血糖値の急激な上昇を防ぐことができるので、食べ方にも注意が必要です。
うつ病で苦しむ人が増えているなか、一般的な投薬やカウンセリングなどの治療ではなかなか改善されないという人もいます。そんな人は食事療法で改善を目指すことも考えてみると良いのではないでしょうか。
オメガ3系脂肪酸は、うつ病にも効果的で日々の食事でも摂りやすいのではないでしょうか?

アトピーとストレスの関係性とは?

日本では、アトピー性皮膚炎で悩む人が増えています。
アトピー性皮膚炎を発症すると、かゆみを伴う湿疹が、体の様々な部位にできます。
アトピー性皮膚炎の患者は、皮脂の分泌量が少ないのが特徴で、肌のバリア機能が低下しているため、外部からの刺激に弱いのです。
アトピー性皮膚炎を発症する人は、アレルギーを起こしやすい体質の人が多く、症状が改善されたと思うと、また悪化する人も少なくありません。
アトピー性皮膚炎は、乳児にも多いです。
乳児の場合は、首の周りやひざの裏、ひじの内側に湿疹ができやすく、成人の場合は顔や首、背中などにできやすいです。
多くの日本人が悩んでいるアトピー性皮膚炎ですが、はっきりとした原因は未だにわかっていないのです。
本人と家族がアレルギーを起こしやすい場合、アトピー素因があると言われますが、素因があってもアレルギーが出ない人もいます。
ここ数年で、大人のアトピー患者が増えています。
大人になって症状が改善された人も多いのですが、一方で、大人になっても症状が改善されない人や、突然再発する人もいます。
成人の場合、不規則な生活やストレスが、アトピー性皮膚炎を悪化させてしまうことがあるので、注意が必要です。
親と一緒に暮らしていた時は、栄養が十分に取れていたのに、社会人になって一人暮らしになった途端、食生活が乱れてしまい、肌トラブルが発生してしまった人は少なくないのです。
社会人になると、仕事によるストレスも増えます。
アトピー性皮膚炎にかかる人は、ストレスを感じると症状が悪化する人が多いのです。
不安を感じたり、イライラしたり、精神的なストレスを感じていると、自律神経が乱れてホルモンバランスが不安定になります。
ホルモンバランスが不安定になると、免疫力が下がり、アレルギー反応も出やすくなるのです。
また、緊張やストレスの影響で皮膚の水分量が減ると、肌が乾燥してかゆみが出ることがあるのです。
規則正しい生活をして、栄養も十分に摂取しているのに症状が悪いままの人は、ストレスがないかどうかチェックしてみた方がいいのです。
日本人は、我慢強い人が多く、自覚症状はないものの、実は長い間ストレスが溜まっていたという人は少なくありません。
自分では気が付かないうちに、心身が疲労していることは多いので、何らかの肌トラブルが発生した時は、体のケアと同時に、心のケアもしてあげることで、改善が早くなるケースもあります。